卵巣の機能と働き

女性の生涯に関わる卵巣の機能と働き

 

卵巣は親指の頭ぐらいの大きさで、小さな臓器ながらもその機能と働きは、
女性の一生の健康に関わり、心と体の状態を示す大切なバロメーターでもあります。

 

「卵巣ってどんな働きをするんだろう?」

 

「卵巣の機能不全は私たちの体にどんな影響を与えるの?」

 

知っているようであまり深く知らない、卵巣の機能と働きについて見ていきましょう!

妊娠・出産に大きく関わる卵巣からの排卵機能

 

卵巣の大切な働きの一つに「排卵」という機能があります。

 

卵巣には数百万個の卵子のもとになる原始卵胞があり、思春期になると
毎月この原始卵胞のうちのいくつかが成熟卵胞になって、そこから卵子が飛び出します。

 

これが「排卵」です。

 

この排卵によって卵管を通るときに精子を出会い、受精が行われると、
受精卵は子宮へと送られ子宮内膜に着床し、このとき初めて妊娠が成立します。

 

卵巣のこの排卵の機能は女性の妊娠・出産にも重大な役割を果たします。

女性ホルモンを分泌する働き

 

もうひとつの大切な卵巣の働きが、2つの女性ホルモンの分泌です。

 

成熟した卵胞からエストロゲン(卵胞ホルモン)が、排卵後の卵胞からは
プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

 

この2つの女性ホルモンは、丸みをおびた女性らしい体つきを作るほか、
生理のリズムを整え、妊娠をつかさどる大事な働きを持っています。

 

 

女性ホルモンの乱れを放っておくとどうなる?

 

ストレスやダイエットのしすぎなどによって、ホルモンバランスが乱れると、
次のようなトラブルが起きてしまいます。

 

  • 生理のリズムが乱れる
  • 生理があっても排卵がない(無排卵月経)
  • 排卵があっても黄体ホルモンを分泌する卵巣の機能に異常があって うまく妊娠できない

 

 

これらを放っておくと、卵巣の機能が低下し、卵巣機能不全となり、
不妊をまねく恐れもあるので注意が必要です。

 

このように卵巣は毎月、排卵を繰り返し、女性ホルモンを分泌するなどめまぐるしく変化しています。

 

そのため卵巣は、女性の体の中でも腫瘍ができやすく、とてもデリケートな臓器でもあります。

 

普段から生活のリズムを整え、上手につきあっていきましょうね(^^)

卵巣嚢腫、どうにかしたい!手術が不安なあなたへ。

 

 

 

経過観察中で不安な毎日・・・

 

もし手術になったら職場にも迷惑がかかるし、
子供も小さいし何日も家を空けられない・・・

 

茎捻転がこわい・・・

 

手術を受けたくない。何か方法はないの???


 

あなたは、こんな不安な思いを抱えて毎日を過ごしていませんか?

 

体にメスを入れ、高額な治療費を払う前にできることがあります。

 

 

卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症を自宅で改善!
〜手術やホルモン療法より健康的な方法〜


 

 

50人中なんと47人の人が効果を実感している、
身体に負担をかけずに自宅で卵巣嚢腫を改善する方法です。

 

 

● 病院に通わずに自宅で実践できます。
● お薬や道具などを買う必要はありません。
● 体に一切負担をかけない、すぐに始められる方法です。
● 妊娠しやすい体に導きます。
● ダウンロード版なら今すぐに、配送版なら数日後には始めることができます。
● 申込みは住所、氏名など簡単な入力で5分もかからず終わります。

 

リスト

〜卵巣嚢腫、無排卵月経などで悩んでいたYさんの喜びの声〜
2週間実践したところ最後の検査で先生から卵巣嚢腫が

随分小さくなっていることと、月経排卵もちゃんとしていると言われました。

 

 

ページの中程にある卵巣嚢腫や子宮筋腫などで悩んでいた方々の体験談
とっても勇気づけられますよ(^^)!