卵巣 病気

卵巣の病気について

 

卵巣嚢腫や卵巣の病気を手術をしないで改善。病気が不安なあなたへ

 

 

卵巣には卵巣嚢腫以外にもいろいろな病気があります。
代表的な卵巣の病気をあげてみると・・・

 

 

■ 卵巣嚢腫

 

卵巣内の卵胞に水などがたまって卵巣が腫れる病気。詳しくは右のメニューからご覧くださいね。

 

 

■ 多嚢胞性卵巣(PCO)・多嚢胞性卵巣症候群(PCOS

 

ホルモンの異常から起こる、排卵障害の一種です。

 

 

■ チョコレート嚢腫(子宮内膜症)

 

子宮内膜症の一種。卵巣内で子宮内膜が増え、血液がたまってチョコレート色の
どろどろした嚢腫になる病気。

 

激しい生理痛、生理以外の下腹部痛や腹痛、排便通、性交痛などの症状が出ます。

 

 

■ 充実性腫瘍

 

卵巣腫瘍のうちの1割を占める硬い腫瘍。悪性に変わる場合も。
大きくなってくるとお腹に硬いしこりが触れたり、不正出血、下腹部痛などの症状が出ます。

 

治療は卵巣嚢腫と同じ、良性であれば腫瘍だけを摘出して、術後の妊娠・出産の可能性も考慮に入れます。

 

 

■ 卵巣がん

 

すべての卵巣腫瘍のうち、悪性の腫瘍が卵巣がんです。
未婚女性、妊娠・出産の経験のない30代〜40代の女性に多く見られます。

 

卵巣がんが大きくなってくると、しこりにすれる、下腹部が重くなったり、さらに進むと腹水がたまったり、
発熱やだるさ、体重が減るなどの全身症状が見られます。

 

初期の段階なら、片方の卵巣や子宮を残して化学療法で治療します。

 

妊娠の可能性はありますが、再発の可能性も。
進行している場合は、両方の卵巣、卵管、子宮、リンパ節などをすべて摘出する方法がとられます。
妊娠はできなってしまいますが、再発の可能性はほぼありません。

 

 

■ 卵管炎・卵巣炎

 

大腸菌や淋菌、クラミジアなどが子宮から卵管へ進入することで起こる病気。
放っておくと腹膜炎や敗血症を引き起こしたり、不妊症の原因になることもあるので注意が必要です。

 

下腹部の痛みや発熱を伴う場合はすぐに入院して抗生物質や消炎剤などで炎症を抑えます。
それでも症状が改善しない場合は卵管を切除してたまった膿や水を出す手術を行うことも。

 

 

 

このように卵巣にはさまざまな病気があります。
日ごろから卵巣の病気、もちろんその他の病気を早く発見できるように、定期健診は必ず受けたいですよね。

卵巣嚢腫や卵巣の病気、どうにかしたい!病気が不安なあなたへ。

 

 

 

経過観察中で不安な毎日・・・

 

もし手術になったら職場にも迷惑がかかるし、
子供も小さいし何日も家を空けられない・・・

 

茎捻転がこわい・・・

 

手術を受けたくない。何か方法はないの???


 

あなたは、こんな不安な思いを抱えて毎日を過ごしていませんか?

 

体にメスを入れ、高額な治療費を払う前にできることがあります。

 

 

卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症を自宅で改善!
〜手術やホルモン療法より健康的な方法〜


 

 

50人中なんと47人の人が効果を実感している、
身体に負担をかけずに自宅で卵巣嚢腫を改善する方法です。

 

 

● 病院に通わずに自宅で実践できます。
● お薬や道具などを買う必要はありません。
● 体に一切負担をかけない、すぐに始められる方法です。
● 妊娠しやすい体に導きます。
● ダウンロード版なら今すぐに、配送版なら数日後には始めることができます。
● 申込みは住所、氏名など簡単な入力で5分もかからず終わります。

 

リスト

〜卵巣嚢腫、無排卵月経などで悩んでいたYさんの喜びの声〜
2週間実践したところ最後の検査で先生から卵巣嚢腫が

随分小さくなっていることと、月経排卵もちゃんとしていると言われました。

 

 

ページの中程にある卵巣嚢腫や子宮筋腫などで悩んでいた方々の体験談
とっても勇気づけられますよ(^^)!